やーまるの知らぬわほっとけ

やーまるの“知らぬわほっとけ” #1


2 コメント

やーまるの知らぬわほっとけ
振り上げた拳をご覧の皆さん。はじめまして、やーまると申します。

 

簡単な自己紹介させていただきますと、パチスロを始めたのは十数年前で俗に言う“北斗世代”ってやつです。

初代北斗
[転載元:ガイドステーション]

 

 

当時、誰しも狂ったように北斗の拳を打っていた者としては、使い回しに使い回しを重ねられ、絞り出たカスを寄せ集めて何とか形を保っているような現状を見ると悲しくなります。
今でも北斗シリーズはお供え程度に遊んでいますが、『死んでいるのはお前だよ』とツッコミたくなるような不人気ぶりですね。

僕の生涯収支は恐らくマイナス1000万?!には届いてないと思うんですが、正確には不明です。一度足りとも年間プラスで終われたことのない養分です。

 

~我が生涯に何片もの悔いあり~
ラオウ 生涯に悔いあり

 

 

振り上げた拳では基本的に企画を通してパチスロに取り憑かれた人間の「愛しさ」とか「切なさ」とか「心強さ」を伝えていけたらなと思っています。
(このネタがわからない人は[篠原涼子 ファーストシングル]でググってください)

 

しかし、一応それなりに忙しい社会人でして、なかなか集まって企画が出来ない為、サイト立ち上げから何もせずダラダラと過ごしていたら、メンバーに「いい加減何か書いてくれ」と煽られてしまったので、こうして見切り発車でコラム的なものを書く運びとなりました。

なのでここから先はパチスロ依存症のオッサンがただただ思ったことを書き連ねるだけで、特に何か起こる訳ではないことをご了承ください。

 

最近のパチスロ事情

曲がりなりにも長年パチスロを打ってきた身として感じる、最近のパチスロ事情といえば、やはり気になるのは有利区間と6号機の存在。

5.9号機から導入された有利区間という概念のせいで、「一撃万枚」という全てのスロッターの夢は途絶えてしまいました。

 

以前の雑誌やSNSでは“うん千枚オーバー”なんていう射幸心を煽られる画像が飛び交っていましたが、規制のアメとムチに良いように飼い慣らされた大衆はいつの間にか有利区間完走という低すぎるゴールで満足しているのが現状です。

僕の中で有利区間というのは自転車で言うところの補助輪みたいなもので、確かに安定性は高く身近な目標にたどり着きやすくなった反面、どんなに頑張っても遠くの方に見える絶景にはたどり着けずに、お母さんに「ここまでね~」と止められてるような感覚なのです。

 

そんなものが果たしてギャンブルと言えるのか。

自分の力でペダルを漕いで自分の力でバランスを保ち前に突き進むのが気持ち良かったんじゃないですかね?

 

一度、5.9号機という黒歴史を作りユーザーを絶望させた後、ほんの少しの規制緩和で「6号機はあり!」と思い込ませてしまうDV野郎みたいな業界のやり方に騙されてるユーザーの多いこと多いこと。

 

今流行りのリゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)なんかはその最たるものです。

純増約8枚という謳い文句を武器に爆発的人気を得ていますが、低設定の長くて退屈すぎる通常時の先にあるのは、CZで3回勝ったら大当たりという聖闘士星矢の二番煎じ。

星矢のGBは勝った先に無限の可能性があったので長く辛い通常にも耐えられましたが、MAX2400枚という上限がある以上、二つの意味で“とうし”に限界があります。

 

しかも、CZ当選はモードで管理されてる為、通常時に僕らに出来ること言えばこの…

という謎の体操でポイントを貯めて意味があるんだかないんだか分からないアイコンをゲットすることだけ。

 

紫煙漂う窮屈な空間で最大777G間も回さなきゃいけないんだから、体操したいのはこっちの方ですよ。0から最深部まで回したらほぼ1時間ですからね、ラジオ体操第何まで出来るんだと。

 

 

ヤマザキ春のパン祭り並に地道にコツコツと貯めたアイコンは

 

 

CZ白鯨攻略戦における撃破率アップチャレンジという胡散臭い演出に使われます。お皿とかは貰えません。

連打で撃破率を上げたところで「どうせ内部的に決まってるんだろ?」と思いながらも「83%もあれば白鯨15体くらい来ても大丈夫だわー」なんて余裕こいてたら…

 

 

1体も倒せず終わりました。

捕鯨、ダメゼッタイ。

 

 

 

別の日にリベンジした時はポイント獲得ゾーンの終了時のプッシュボタンで

SSSRのカード…、スーパースペシャルスパーキングレアとでも読むのでしょうか?
ソシャゲとか一切やらないんでわかりませんが。

 

とにかく普段は滅多に出ない珍しいものらしく、鬼天国というものに期待できるらしい。

天国が128G以内で超天国が32Gが相場だから、鬼天国は8Gくらいが天井か?と思って調べてたら256G以内の当選が濃厚とのこと。腰抜けそうになりました。

 

ビッグボーナスが711枚から400枚、200枚、150枚…と劣化していったのと同じで、天国という概念もドンドン変わっているのでしょうね。
「神天国は510G以内当選濃厚!」なんて今じゃ考えられない言葉を目にする日も近いのかも知れない。

 

星矢にしろリゼロしろ、このままの流れでCZで3勝したら大当たりみたいなゲーム性の台が増えていくんでしょうかね。もう店長と直接ジャンケンして3連勝したら3万円とかじゃダメでしょうか?1戦1000円くらいで。

 

 

ただまぁ確かに出玉スピードだけは鬼のように早いので一度でいいから完走させて、即座にフリーズ引いて『夢の時速5000枚』を実現させたいなんて考えるあたり僕は何号機になろうとパチスロを打ち続けているんだろうなと思います。

つづく。

ランキング参加中!良ければご協力ください。
にほんブログ村 スロットブログへ

コメント

  1. やーまるさんらしい記事( ゚д゚ )
    最近、打つ頻度が激減しすぎて禁断症状出てますが、今の台に昔ほどアドレナリンが出ないので微妙だなと思いつつも、パチ屋に行ったら行ったで一心不乱に打っちゃうんだから、やっぱり養分なんだろうなと我ながら思いますw

コメントする


※メールアドレスは公開されません。