振り上げた拳をご覧の皆さまこんばんは。
飲み会ではサラダを配りがちのなかじまです。

お元気していたでしょうか。

 

お久しぶりの更新となります。
フリコブメンバーは色々と多忙な日々を暮らしておりまして…

やーまるはバス釣り、なつろうはストロングゼロ中毒、レモンくんはカレー屋に入り浸り、バシバはポンコツ化、そして私なかじまはディスクアップにハマるといった有様。
(ビッグ引ければ勝てるからディスクアップは甘い)

 

 

皆、それぞれいろいろあって忙しいが、何か動き出さなければいけないと企画会議をしたところ「海物語の偶数図柄を食って退治すれば確変って終わらないんじゃないか」と意見が出てきた。
ワラにもすがり付いて勝ちたい我々はさっそく実践することに。

 

 

その名も『海物語、偶数図柄全部食う大作戦』(そのまま)

 

 

 

海物語を知らない人もいると思うので軽くおさらいしましょう。
海物語の数字図柄は1〜9まであり、それぞれ海の生き物達が描かれています。

 

一般的な確変スペックの海物語なら奇数図柄が確変当たり、偶数図柄なら通常当たりとなるため、時短落ちとなる偶数図柄は特にヘイトを集めることにらなります。
だいたいサメが揃って終わるのでサメは憎いですね。

古株のスロッターさん的にはイベント全盛期に『設定6確定の意味でアンコウ札が刺さる』なんてこともあり馴染みがあるのではないでしょうか。

 

今回ピックアップしたい偶数図柄はこちら




 

「こいつらを食ってしまえば偶数が揃うことはないだろう」といった企画内容となります。

海原雄山、登場

この日集まったメンツはなかじま、なつろう。

「偶数図柄を全部食ってやる!」と意気込むも、一部食べるには相応しくない魚もいるため、どのように調理するのか困っていた我々は食のスペシャリストを呼ぶことにしました。

 

 

あの一世を風靡したグルメ漫画「美味しんぼ」で活躍された海原雄山先生です。

 

世はハロウィンシーズン。
フリコブはトレンドにも注目しています。

半袖、半ズボンに下駄ですっごい寒そう(他人事)

 

 

 


「俺が海原雄山だ。俺が来たからには美味いもん食わしてやる」

 

気合ばっちりのご様子。
先生といえば作中では「至高のメニュー」を考案されていたため、我々の期待は爆上がりである。

 

 


「まずはサメから行ってみようかな」

 

 

「サメなんて食えるのか…」と考えていた我々でしたが…

 

 

 


「これじゃ!」

 

 

 

どーーーーん!

 

 


「フカヒレあんかけチャーハンとフカヒレスープ!」

 

 

フカヒレとは盲点だった。
さすがは巨匠、恐るべき発想。

見てくださいこの透明感溢れるフカヒレちゃんを!
フカヒレちゃんって透明なんですか?そもそも。
このボリュームで500円。いや、多いって。

 

 


「う〜ん。味分からん!春雨じゃないのかこれ?」

 

バリバリっと食らって、サメはクリア。

 

 

 


「次は、ハリセンボンなぞ行ってみようかの。」

 

 

あんな可愛い魚食べられるわけないだろ…と考える我々をよそに、、、

 


「これじゃ!」

 

どーーーーん!

 

 

 

 


「フグ料理じゃい!」

 

並べられた料理はフグの刺身「てっさ」、厚く切った「ぶつ刺し」、フグの皮を揚げた「唐揚げ」である。
我々のようなものにはもったいない代物だ。

雄山先生いわくハリセンボンはフグの仲間!
だから問題ナッシング!と言う。

 

 


「濃厚なゴムみたいな味だな…」

 

 

 

あの雄山先生が言うなら間違いないのでパクつく。
ひたすら食う。

これにてハリセンボンはクリア。

 

 

 

 


「続いてアンコウはこちら」

 

どーーーん!!!

あん肝!!

 

 


「アンコウの身は高いのに、あん肝は安いの何でだろうね?」

 

 

 

 

そんなの気にしたらダメなので一心不乱にパクパク!

アンコウもクリア。

残るはエンゼルフィッシュですが、、、
さすがに観賞用の熱帯魚は食えないんじゃないですかね…?

 

 

 


「チッチッチ、甘いね。こいつを食らえ!」

 

どーーーーーん!!!!

たい焼き!
甘ーい!甘味です。

 

 

 

エンゼルフィッシュは別名テンニンイシダイと呼ばれる鯛の一種なのだ。
なのでたい焼きはセーフ!

臓物ぶち撒いて食います!!

 

 

 

 


「今日イチ美味いな!」(甘党)

 

 

 

これにてエンゼルフィッシュもクリア。

やや抜け道を掻い潜ったかのような食べ物だらけでしたが、これもまたパチンコ業界のようなもんと考えたらセーフですかね。

 

そんなこんなで偶数図柄を食い尽くした我々は、確変しか引けない気持ちが高まってきました!
いざパチ屋へ!!

いざ、乱獲開始!!

今回打つ機種は「Pスーパー海物語INジャパン2」
確変割合60%のオーソドックスな海物語。

海鮮パワーを授かった我々に怖いものはない。

 

 

 

最初に動いたのはなつろう。
まだ台の仕様が分からないうちにいかにも熱そうなリーチからサム登場!


(この日なつろうは風邪気味でした)

 

 

これは知ってる!確変なやつ!
幸先よく当たったがこの当たりからは2連で終了。
出玉作れたから良しですな。

 

 

 

次に当たったのは海原雄山先生。

ここでも確変図柄スタート。凄いぞ!

しかし2連。ポンコツめ。

 

 

 

私なかじまも良い流れに続きます。

 

ワリンちゃんの打ち上げ花火で無事当たり。
ここでも確変スタート。

 

そこからは怒涛の大連チャン!

 

 

動け〜と念を送ると偶数揃いがクルクル回って確変に昇格したり、

ラウンド中の昇格チャレンジを成功させたりして、9連チャンを達成!!
海鮮パワーが確実に台に届きましたね。

 

 

なつろうにも海鮮パワーの恩恵が届く。

 

 

 

当たり前のように確変スタートからRUB多めではあったものの10連チャンを達成。

海鮮は凄い。

 

 

 

 

 

一方、雄山先生というと…

確変スタートして3連となんともいえない結果に…。

 

 

 

その後は私も2回目の初当たりから3連チャンしたところで実践終了。
各々初当たり2回取れて良い実践になりました。

 

偶数図柄を食らった結果はこちら!

なつろう


2連+10連 確変割合83%

 

海原雄山


2連+3連 確変割合60%

 

なかじま


9連+3連 確変割合83%

 

 

なつろうと私は効果が絶大ですね!!
偶数図柄を食らうことで確変しまくり、実質無限確変になることが証明されました。

逆に確率通りで海鮮効果がなかった海原雄山先生は何をやっていたのか…
不思議で仕方がありませんね。

 

皆さんも海で勝ちたいなら打つ前に海鮮パワーを摂取するのです!
海王神ポセイドン様の加護が受けられます。
ちなみに海鮮料理の総費用は6000円くらいでした。

 


海サイコー!

それでは、また次の機会で。

ランキング参加中!良ければご協力ください。
にほんブログ村 スロットブログへ

コメント

  1. バッシーの画像でいちいちニヤけてしまう( ゚д゚ )

  2. けんちさん

    海原雄山ですよ?バシバは中に居ませんよ?

コメントする


※メールアドレスは公開されません。