5号機屈指の人気機種としてホールに君臨するパチスロ『バジリスク絆』
細かな作り込みやゲーム性はもちろん、設定6の機械割が現行機種最高クラスの119%とライトユーザーからパチスロガチ勢まで幅広く支持されている。

人気故にバジリスク絆を愛し過ぎてイキリ散らかす若者を“バジキッズ”と揶揄する言葉が生まれるなど、その影響力は計り知れない。

 

しかし、絶大な人気を誇るバジリスク絆も時代の流れや出玉規制の波によって今年2019年12月15日に撤去予定日を迎える。
パチンコ業界・パチンコホールに大きなダメージを与える事は間違いない。
パチンコホールでバシリスク絆を打てるのも、もう残り僅かな時間しかないという事だ。

そんなバジ絆に今更ハマって、深く愛し、そして負け続けている男がいる。

そう、振り上げた拳なかじまだ。

この記事はバジ絆でどうしても勝ちたいなかじまと彼が出会った3人の達人の奮闘記である。

禁断の必勝法「バジリスク絆 〜3人の達人〜」

「あぁ、絆が打ちたいけど、負けたくない、、」
「あの絆高確率さえ活かせれたら一生続くんだけどなあ、、」

 

 

 

「そこの君!!!」

 

(なんだ??)

 

 

 

なかじまが振り返る、その視線の先には…

 

 

どーーーーん!!

 

 


「あ、あなた達は?」


「俺達はバジリスク絆、三色の達人!」

 

 

 


「は???」

 


「俺達はそれぞれの色の高確率を必ず通す事ができる」


「高確率さえ付いてこれば君のバジリスクタイムをエンディングまで連れて行ってあげよう」


「さあ、いじけてないで、顔を上げるんだ」

 

 


(まじかよ、、、ゲロ熱じゃねえか、、)

 

どうしてもバジリスク絆で勝ちたいなかじまは三人の達人を引き連れて、ホールに向かった。

どうしても勝ちたい男のバジ絆 実践!

時刻は11時、オープンして少し時間が経っているのでそれなりに回されている台がチラホラ。
台を吟味した結果、1度バジリスクチャンス(以下、BC)が当たっていて33回転でやめられている台をチョイス。

恐らく朧BCで月を見てやめられている台だろう。
なかじまはどうやら絆は好きだけど、立ち回りについてはあまり詳しくないようだ。

 

しかし、そんな逆境を跳ねのけるのがなかじま。
79ゲーム、投資2本でBCを射止める!!

が、バジリスクタイム(以下、BT)に突入はできず。
朧ちゃんの月背景は満月だった。
(立ち回りズブズブなくせに、真面目かて)

 

その後も彼なりに立ち回り、台移動を駆使して何度もBCに当選するものの、BTに突入できないという絆特有のツラい展開が続く。

 

 

「刺されーっ!!!!」

ここでなかじま、渾身の中押しを披露するも刺さらない。
(なかじまのするどい中押しに液晶の弦之介も驚いている)

 

 

 

3枚目の福沢さんがサンドに突入した頃、ついにあの男が吠える!

「天膳様ぁぁぁぁあああああ!!!!」

 

 

ツラい時代はもう終わりだ。
あとはこのBTを伸ばすだけだ。

 

 

「うぉっ?!」

そして、この1発目のBTでなんと想高確が出てくる。
これでもう安心だ。

 


「達人ッ!お願いします!!!」


「任せたまえ、安心して見ていなさい」

 

 

 

というものの、なかなかレア役を引かずに1vs1となったその時!!!

なんと赤巻物が出現。

ギリギリまで枚数を取ってからBCに当選させようという狙いだったのだろうか。
こ、これが達人の力なのか?!

 

 

 

ん?


(なんだこのポンコツは…)

 

 

そして、、、

無情にも赤いランプを点灯させたまま、単発終了。

 

 


「誰にだって失敗はある、次は必ず通すからまた声をかけてくれ」


(なんだこの自信は、、確かに誰にだって失敗はある、もう一度信じてみよう)

 

 

 

その後、また立ち回り、再びBTをゲット。

 

 

しかし、簡単に絆高確率は出てこず…

 

 

 

あっさり単発終了

 

 


(これじゃダメだ、何も来なけりゃ達人の助けを借りれない、、、)

 

ここから更にツラい時間が続く。
当てども当てどもBTに突入せず、厳しい展開。

 

 

(ヤバい、、はやく当てないと、、、)

 

 

 

 

6枚目の福沢さんがサンドに吸い込まれた頃、7揃でようやくBTを射止める。


9回目のBCで当選。
ちなみにこの台はなかじまが朝1番目にチョイスした台だ。

 

 

 

このBTが資金的にもラストチャンス。
願いを込めて追想の刻を消化し終わったその時!!!

きたーーーーー!!!!

 

さっきまで顔が強張っていたなかじまもこれには思わず笑みがこぼれる。
さあ、ここからが本番だ。

 


「達人ッ!お願いします!!!」


「出番か、任せたまえ」

 

 

ググッ

『地獄先生ぬ~べ~』の鬼の手を彷彿させるようなグローブ。
こいつは期待できそうだ。

 

 

 

そして、、、

 

 

 

バシィィィィイイイ!!!!

針の穴を通すかのような精度の高い見事な中押し。
これぞ達人の成せる業。すごいぞ、緑の達人。

 

 


「俺の仕事はここまで。また緑が光ったら呼びたまえ」


「ありがとうございまぁぁあす!!!」

 

 

 

「完全勝利ぃ、捲るぜぇ!!」

 

 

 

そして、なかじま自身も…

うりゃ!

 

うりゃ!!

渾身の中押しを決める!!

 

 

 

だが、まったく絆高確が点灯しない常に綱渡りのような状態。
達人の力無しで戦っていくのは厳しい。

 

700枚足らずで完全勝利分のループストックは終了

 

 

「まだ居るのは知ってんだよぉお!!!」

バシィィィイイイッ!!!

 

 

 

 

しかし、緑の達人に依頼した10vs3の後は絆高確が来ず。
必死にレバーを叩くなかじまをあざ笑うかのようにBTは終了。

なかじま、惨敗。-41k

 

 


(あれ、これ、、面白いとこだけ奪われてないか?!)

撤去まで残りわずか、絆を楽しもう!

若干の地域差はあるかも知れませんが、バジリスク絆の設置期限日は2019年12月15日予定となっています。

 

展開に恵まれず、クソ台と罵り続けた人もいるかと思います。
ゲーム性に酔いしれて、バジキッズに片足を突っ込んでいた人もいるかと思います。

いろいろな人にいろいろな感情、思い出をくれたスロット5号機時代を牽引した名機バジリスク絆。

撤去まであと少し。

3人の達人は君たちの心の中にいるよ。
最後までバジリスク絆をみんなで楽しもう!

 

【注意】
パチンコ店やその付近には怪しい攻略法を高額売りつけてくる輩がいるらしいです。
皆様も気をつけてパチンコパチスロライフをお送りください。

 

スポンサーリンク

ちなみに…

一番面白くない高確率の担当をやらされた上に一度も出番のなかった黄の達人はスマホをいじって待機しているだけで企画が終わりました。

(こいつは何しに大阪から来たんだ?)

おしまい

ランキング参加中!良ければご協力ください。
にほんブログ村 スロットブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. 待ってレモンくん可哀想過ぎるwww
    個人的に、服装も1番ヤバいのにwww

コメントする


※メールアドレスは公開されません。