バシバ捜索 サムネイル

バシバ捜索 サムネイル
フリコブをご覧の皆さま、こんにちは。
焼肉屋に行ったら必ずカルビクッパを注文するなかじまです。
肉と米!奢られたい!

 

1月の中頃、我々振り上げた拳のサイトに珍事件が起きました。

サイト閉鎖(笑)

 

 

更新費1000円ちょっとの未払いによって、これまでに積み上げた物ぶっ壊して、身に付けたもの取っ払っていきました。全力少年か。

そんな重大なことをしてかした代表バシバとは連絡が取れない事態に。

 

 

やっと連絡が取れたと思ったら「オデ、スマホ、コワレタ」というニュアンスのバカ丸出し文が送られてくる。
そして、また連絡が取れなくなるという状況。

 

その間にバシバ参加予定の飲み会はキャンセルになるし、関係各所への平謝り行脚に勤しむ日々。

あいつは今、どこで何をしているのか…。

 

 

居ても立ってもいられなくなった俺はバシバを古くから知るピケル氏を引き連れ、バシバを捜索する旅に出るのであった。

とりあえず自宅へ

容疑者を逮捕するには早朝の自宅を訪ねることは定石である。
1時間半かけて容疑者の住む街へ到着。

バシバ最寄り駅

 

何の変哲もない平穏な街である。
奴はこの街で暮らし、どんな罪を犯したのか。

 

 

 

住宅地を歩き、奴の家へ…

ピケル氏とパシャリ。
立派な家に住みやがって…

 

 

奴が出てきた際のシミュレーションはバッチリ。
ニヤケ面で「なんすか?」なんて言ってきたらそのまま道路に引っ張り出し、レインメーカーで地面に叩きつける。
頭をサッカーボールキックで蹴飛ばし、
「ぶん殴るぞ!」とひとこと。完璧だ。

 

 

しかし、チャイムを鳴らしても返事がない。
既にしかばねか?

 

ドアを5回くらい引っ張ったり、バルサンを投げ込んだりしてみても家のドアは開くことはなかった。
バシバの仕事はサービス業で夜勤もあるため、仕事だった場合は当然在宅していない。

 

 

困った我々は怪文書をポストに投函してこの地を去ることに…。

バシバへの手紙

職場へ殴り込み

後に退けない我々は職場へ向かうことに。
事前に個人情報聞きまくっててよかった。まさに借金取りの如く。
(海物語の企画で1万円貸してるからね)

 

バシバの職場に着き、受付の人に尋ねてみる。

 

なかじま「バシバくんの友人なんですが、今って居ますか?」
バシバの上司「今は居ませんね」

 

なかじま「今日は夜勤でしたか?」
上司「さぁ… 興味ないので」

 

 

驚いたことにバシバは職場でも空気だった。
直属の上司にシフトを忘れられる男。

気にしてあげてるのは俺たちだけなのか…。

 

 

なかじま「最近のバシバくんの様子はどうですか?」
上司「いたって普通でしたよ。病気や怪我もなく、普通に出勤してます。普通に。」

 

 

 

またもや衝撃走る!!

我々は「入院してるのではないか?」「警察に連行されたのではないか?」「全てを投げ捨てて0から生きていくことにしたのではないか?」と色々推測していた。

しかし、これまでと変わらず今にしがみついて働いてるって言うじゃないですか。
俺たちに連絡なしに…。

 

 

職場にも置き手紙をしてこの場を去ることに。
そのうち連絡来るでしょう。

 

もうあいつのことは忘れてパチンコだ!
失った半日を取り戻せ!

バシバへの怒りをぶつける

1日中あちらこちらへと捜索し、溜まったフラストレーションをパチンコにぶつけることに。

 

現行パチンコで一番破壊力ある機種はなんだろう。
旧ミドル?ダンバイン?いやいや、新マックスでしょ。

65%さえ引き続ければ旧マックスより出玉が多い新マックス機種。
2400発の連打に酔いしれろ!

 

 

この日打ったのは慶次漆黒。

バシバへの手紙

[画像引用元:ガイドステーション]

65%で2400発のループのモンスターマシン。
傾奇者の名にふさわしい機種ですね。

 

 

捜索だけでなく、イライラ打ちにも付き合ってくれたピケル氏は打ち出してすぐに擬似連から7テン、熱め演出も絡んでこぜ当、確変当たりを射止める。
16Rも絡ませて出玉を増やす。さすがだ。

 

 

そして、俺にもチャンスが。
城門突破リーチが成功して確変当たり。
ピケル氏に続きたいところでしたがなーんも演出が発生せず、怖いなぁ怖いなぁと思っていたら無事転落。

 

294回転の出来事。アホたれ。

 

 

 

その後はAKB123なんたらを打ちました。
何ですかこのクソ台。当たりませんでした。

 

サイド液晶に好きな女の子を設定して楽しめるようですが、今のAKB分からないので教師にメガネという理由で選んだ性癖を店内に晒してフィニッシュ。
3万負け。

 

 

 

その後、ピケル氏と別れて、1人リベンジ行って負けを増やす。
トータルマイナス6万4千円。

バシバのことはもうどうでもよくなり夜の街へ消えていくのであった……。

後日談

後日ピケル氏がバシバとコンタクトを取り、この写真に至る。


何がバシバをこの顔にさせたのか、失踪の理由とは何なのか。
真相は後日公開予定のバシバ禊編で本人から語られることでしょう。

 

 

続報を待て!

つづく

ランキング参加中!良ければご協力ください。
にほんブログ村 スロットブログへ
スポンサーリンク

コメント

  1. 職場は笑うwwww

コメントする


※メールアドレスは公開されません。