バシバの「妄想パチスロ」

こんにちは。振り上げた拳のバシバです。

今週分の記事は12日にアップするよーと言ったくせに新章が更新されたFGOが面白過ぎて、記事をすっかり放置してしまい、今必死に書いているのが12日の午前3時。
どうも、夏休みの宿題は31日に全部やるタイプです。

 

 

突然ですが、この自粛中皆さんどうお過ごしでしょうか?

本を読んだり映画を見たり、溜まっていたドラマやアニメを消化したりと思い思いの過ごし方をしていると思いますが、普段、家に居るよりパチ屋にいる時間の方が長いフリコブ読者の方々もパチ屋が開いてなければしょうがないと不承不承ながら家にいるはず。

 

 

そんな依存症の人達にオススメしたいのが…

 

 

妄想

 

 

 

 

妄想と言っても、好きなあの子とムフフな事や大金が手に入ったらではなく、溜まりに溜まっているパチスロ欲を晴らすための妄想。

パチスロに関する事は大体がお金が必要ですが、妄想だけならタダって事で!今回はバシバの妄想に付き合って貰えればと思います。

 

 

と言う事でレッツ妄想パチスロワールド!!!

妄想パチスロ


©KITAC

ジャグラー。それはだいたい全国どこのホールでも設置している台。

 

軽いボーナス確率が魅力でアイムジャグラーの100G以内のボーナス確率は設定1でも43%。500G以内なら94%と光らない訳がない数字ですが…

どういう訳か500を越え600を越えても何故か光らない事がある。

 

 

 

こういう時にジャグラーの中では何が起きているか見てみましょう。

 

ん?

 

なにかいるぞ??

 

 

これはジャグラーの妖精、もといジャグラーのおっさん。
おっさんの仕事はランプを光らせる事。

しかし、とても不機嫌な様子。
これはいけません。おっさんに原因を聞いてみましょう。


「なんでそんな不機嫌なんですか?」


「来る日も来る日も光らせる事ばかり。もっとやりがいのある事がしたい。俺はこんな所に収まる器じゃない!」


(うわ、入社3年目の新卒みたいな事言ってるよ…)

 

 


「それでも仕事しなくていい理由にはならないんじゃない?」


「何より態度が気に食わん。光るのが当たり前。綺麗好きのワシを労う事もせずに脂ぎった手でベタベタと」

 


「え、じゃあおっさん、おしぼりで拭かれると嬉しいの?」


「そりゃあ嬉しいとも。思わず光らせてしまうわ。」

 

…おしぼりで拭くと光るオカルトはこうやって生まれたのかもしれない。

 

 

 

 


「女っ気がないのもいけない。こんな所に1人にするなら女と1人や2人よこせってんだ!」


「えっ、女なら筐体にいるじゃないですか?」

 


「こいつか…、こいつは…」

 

 

 


「美佐子は別居中の女房だから…」


(この女、美佐子って言うんだ…つーか女いたじゃない)

 

 

 


「ちなみにJカップある」


(デッけぇ!)


Jaugglerだけにな」(爆笑)

 


「それじゃあこの辺でありがとうございました。」

 


「ちょっと待て!今のは冗談じゃ!」


「じゃあ他に話した事とかあるんですか?またつまらない事言ったらランプに根性焼きしますよ?」


「それじゃあ、今、ハマっている原因を話そう」


「遡る事600G」


「0回転からって事ね」

 

 


「この打ち手はボタンを押す圧が強い。もっと優しくしてもらわんと困る!」


「機械なんだから変わらないじゃないですか。と言うか打ち手俺だし。」

 

 


「おなごを扱う様に繊細に。特に若い女を扱う様に…いや、打ち手は女は若いに限る!」


「とか言ってますけど、美佐子さん?」


「えっ???」

 

 

 


「なんでお前がここに…」


「アナタはまたそんな事ばっかり言って」

 


「寂しい気持ちも分かるけどくだらない事ばっかり言ってるんじゃないの」


「お前…」

 

 


「本当はアナタ優しい人でしょ?ジジババは光らせる。逆押しでベル、ピエロフラグまで察知するスロニートから搾り取る。それが光らせ屋の矜持じゃないの?」


「なのに…、今は寂しいからって女ならすぐペカッ、すぐにペカッ。ペッカペカで店長も泣いてるわよ」

 


「お前に関係ないだろ!女はお前みたいな年増より若い方が」

 


「本当に?」


「本当は私のジャグ連が忘れられないんじゃない?」


「たまにチェリー重複なんてしちゃって…ウフフ」

 


「そ、それは…」


「いや、すまなかった!」


「もう一度チェリー重複なジャンジャンバリバリを軍艦マーチでもう一度頼む!」

 

 


「そう…、わかればいいのよ。」

 

 


「ちなみに…」


「若い女が良いって言うのは…、Jokeだ」

 

 

 


Jaugglerだけにな!」(爆笑)

 

 

 

 


「いや、こっち見るな。別にうまくないぞ」

 

まとめ

自分の頭の中でジャグラーを打っていたら気付いた時にはこうなっていました。
妄想だとお金もかからないし、コロナの心配もないし、コスパいいのでオススメですよ。

みなさんもぜひチャレンジしてくださいね。

 

え?なに?
妄想パチスロなんてくだらないって??

おしまい

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です