こんにちは、こんばんは。
振り上げた拳、バシバです。

 

最近は在宅ワークや自粛生活のおかげで家で過ごす時間が増え、すっかりお金を使わない生活に慣れてしまいました。

酒代は今までの三倍以上になりましたが、パチスロに比べれば微々たるもので、パチスロに負けなければ金があるのだと軽く絶望している依存症です。
休業要請が緩和されてもパチ屋との付き合い方は考えるかもしれませんね。
もし、パチ屋で感染したと報道されたら末代までの恥ですからw

 

休業要請に応じているパチ屋がほとんどですが、地域によっては営業している店もあるとか。
自分の住んでいる地域のパチ屋は早々に全店休業しましたが、お恥ずかしい話、休業してくれたおかげで正直ホッとしました。
もし、営業していたら、この鬱屈した生活のおかげで、長時間の滞在はしないまでも「ジャグラー1000円だけ…」とか打っていたかもしれません。

 

 

自分みたいなタイプの人はある程度いるんじゃないでしょうか?

このご時世で分かってはいるけれど、ほんの少しだけ息抜きがしたいってタイプの人。
家族を天秤にかけて、それでもパチ屋で息抜きをするのを望むならリカバリーセンターへ電話を。
我慢できた方は、終息したら我慢話でも肴にして飲みにでも行きましょう。

 

 

前振りが色々な方向にそれましたが、まだまだ必要な自粛。
そして足らないマスク。

どこにも売ってないなら自分で作っちゃえばいいじゃないって事で今回はマスク製作です!
(パチスロサイトだけどね)

マスク製作

流行ってますね、自作マスク。
好きな素材で好きな柄に作れるってのは推せるポイントです。
(マスクの製作方法なんかはコチラから)

材料になるのはもう着ていないTシャツとタオルと…

 

 

「フリコブのロゴ」

 

「キリン柄」

自分たちのロゴとパチンカスなら思わず反応してしまうキリン柄をチョイス。
まぁなにか作ろうと思うと真っ先にキリン柄が思い浮かぶのがパチンカス。
(キリン柄はコチラの素材をお借りしました。)

 

ロゴやキリン柄の素材を画像のアイロンプリントシートを使って生地にプリントしていこうと思います。

 

 

 

アイロンペーパーにプリントしたら、ロゴに合わせて切っていきます。

 

合わせて切ったらアイロンを押しつけて記事にロゴを写していくんですが……

ここで問題発生!
アイロンが壊れている!!!

 

 

 

アイロンがなりたたないこのマスク作り。
このまま中止、いや…

 

 

 

圧倒的閃き!

よーく熱したヤカンで代用します。
熱いし蒸気出てるし、実質アイロンだろこれ。

 

ジュー

とまぁ大体こんな感じ。
まず大雑把に切って、細かくロゴに切り合わせる。

 

 

 

布が一枚だけだと心もとない!
ということでもう一枚縫い付けて二重にしてマスクの強度を高めていきます。

 

 

ぬいぬい


(撮影:バシバ母)

28の息子が変な物を作っている姿を見てどんな心境だったか考えたくもありませんね。
俺だったら泣くね。ぴえん。

 

 

 

 

そんなこんなで親と猫から白い目で見られながら完成!
(き、、きんたろうの衣装かな?)

 

 

オリジナルマスクをつけてみよう!

完成したフリコブマスクはこんな感じ。

めっちゃ顔からはみ出てますが、大は小を兼ねるって事で。

 

 

オリジナルマスクなら延期になったユニバカサミフェスもこの通り


(だ、、だっせぇ)

 

休業明けのパチ屋で激熱柄のオリジナルマスクを身にまとい、まわりと差をつけろ!

ちなみにこの後一回洗濯したらロゴが剥がれ落ちました。
不器用は素直に誰かに作りもらうか、なんとかマスクを手に入れよう!

おわり

ランキング参加中!良ければご協力ください。
にほんブログ村 スロットブログへ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。