博宮なかじの憂鬱~幻の万枚を求めて~ [なかじまプロデュース#9]

なかじま ハルヒ 万枚

振り上げた拳をご覧の博打狂いの皆さんこんばんは。
味覚障害のなかじまです。

薄味が分からないので追い醤油しちゃうあたりワンポイント上級者。そのうち死にます。

 

皆さまは「涼宮ハルヒの憂鬱」という題材を知っていますか?
原作はライトノベルでその後アニメが大ヒット、劇場版やパチスロ化、パチンコ化した超大ヒット作品です。
僕が本格的にアニメを見るきっかけでもあります。
昔の僕は濃口ならね恋口でしたね。

「涼宮ハルヒの憂鬱」との出会い

※ スマートだった学生時代のなかじま

出会いは高校2年生の春。
当時部活に真面目に取り組んでいたなかじま少年は隠れオタクのA君とストレッチ中に何気ない会話をした。

なかじま「なぁ、涼宮ハルヒっていうアニメ見たか?」

A君「!?おう見たぞ。あれはヤバい。」

田舎のアニメ事情を説明すると、関東で深夜アニメを放送してるテレビ東京、テレ玉、TVKなどが映らないため、深夜に全くアニメが映らないシーズンもあった。
ポケモンなんかは夕方16時からやってたり、あとはBS2とかで見るしかなかった。

その後、BS11とかの放送局が増えたことでアニメ事情が変化したりはした。
WOWOWの無料放送とかもありました。

ちょっと脱線すると、関東の大学に来て同級生に一番驚かれたのが「おはスタ見て育ってないの!?」でした。知るかよ。映らんわ。
脱線終わり。

 

当時インターネットはまだそんなに普及しておらず、携帯電話持っててもiモードで何すんのってレベル。
アニメ事情をどうやって知るかは毎日新聞のテレビ欄をチェックするしかなく、深夜帯の数文字しか書かれていない番組タイトルからアニメっぽいとか、エロそうとかを連想して片っ端からビデオ録画をしてました。

そんな中で見つけた奇跡の作品がハルヒでした。


[画像引用元:BS11]

1話が衝撃的でキャラ紹介なし、全編変な寸劇を20分見せられ、最後に種明かし。
なんだこれ…って流れからのハルヒ登場は衝撃的でした。

A君と会話したあとからちょっとずつ校内でもハルヒ見た?みたいな話がチラホラ聞こえ、影響は大きかったと思う。
ハルヒにハマった僕は声優に関心が行き、無事声豚化してしまうきっかけになった。

高校3年生になると「らき⭐︎すた」が放送開始。
その頃には話題になり始めていたニコニコ動画(βくらいの時期かな?)の影響で中の人ネタなどが分かるくらいに深刻化。
カラオケでもアニソンしか歌わなくなるなど私生活が染まっていった。

大学に入って自分用PCに入れた初めてのエロゲは「ななついろドロップス」。
ハルヒのキャラデザを担当していた「いとうのいぢ氏」だからだ。

大学入ってしばらく経ってアニメ2期が始まったが、まぁ、なんだ、この話は置いておこう。
劇場版はとても良かった。

そんな僕の青春と言っても過言ではない涼宮ハルヒなんですが、パチンコ化、パチスロ化した際には狂ったように打ちました。

パチンコの方は初代AKBに似たスペックでありながら三共の演出バランスに阿鼻叫喚。
むちゃくちゃ負けました。

 

スロットは忘れもしない2016年の12/23、両国で初打ちをしたんです。
何回目かのART中にどでかいのを乗せまして、

事故ったのが17時くらいですかね。
当然取りきれず、純増1.7枚くらいなので万枚届かず。

幻の万枚となってしまったのです。
この万枚未遂が本当に心残りでした。

 

過去ツイートは旧アカウント凍結につき見られませんでした。ちなみに凍結理由は任天堂ディスったから。(もう凍結しないでね)

5号機が終わり6号機に切り替わるその日まで、なんとかハルヒで万枚を出したいと考えていた僕は奇跡的に近所に設置してる店を見つけたので万枚を目標にリベンジしてきました!

ハルヒで万枚を出したい!

低純増で時間の掛かるハルヒですが、ここで痛恨の寝坊。
パチ屋に行く前に二郎系を食べて準備万端。

ハルヒを無事確保。

この激奏バージョンの下パネルは初見でした。
ちなみに激奏とは中の人達が出演した「涼宮ハルヒの激奏」というライブDVDから。

 

この台の当選ルートはレア役やリプレイでコマを進めるスゴロクから発展するCZ「エピソードステージ」や、発展して失敗時に得られるポイントを貯めて挑める上位CZ「閉鎖空間」、約1500分の1で引けるビッグボーナス、等からART「激奏LIVE」を目指す仕様になっている。

 

初当たりは3k。
すぐに入った閉鎖空間が仕事する。

ここのハルヒ超可愛い。

涼宮ハルヒという人物は自己中系ツンデレ少女として人気を博しました。
日本の3大ツンデレと言えばハルヒ、エヴァのアスカ、同級生の坂本くんでしょうね。(誰がわかんねん)

 

ART突入時は「ハレ晴れチャンス」という特化ゾーンを経由するが、初期配当G数を倍々するゲーム性。3G保証でその後は50%継続なので叩きどころ過ぎる。
ここで決めてやると意気込んだが、当然ダメ。35G、100枚くらいでARTは終了してしまう。

 

その後は軽い当たりとしょぼい出玉が続き、やっと引けたビッグボーナス

からART当選し、

やっと3桁G数を乗せて良いスタートを切るが、700枚ちょっとで終わってしまう。

 

それから深いハマりが連続して投資もかさむ。

総投資28kで当たったARTは初期配当20Gという薄いところを引いたハレ晴れチャンスであったが8倍という微妙な結果に。

レア役上乗せでハレ晴れチャンスに非当選の場合は上乗せコンボ抽選を行うが、1G目にレア役から100G乗せ。汁出た。

 

からのSOSレスキューが確定する。

ART終了後に100〜500G上乗せする救済的なものだが、これに当選するには設定1で0.4%、設定6で2.4%なため、つまり6が確定した瞬間である。やったぜ。
ここで500乗せれば万枚は確実。やったぜ。


まぁ、無理でした。
PV?紹介動画では簡単に500乗ってましたがまぁこんなもん。
ショールーム基板をくれ。

 

ボチボチ乗せて本日の最大一撃出玉。

事故らんと無理。

 

その後は500枚、600枚クラスをボコボコ引けた所で19時を回り、万枚無理そうなんで辞めました。

獲得枚数は2100枚弱
総回転4700G ビッグ3 ART初当たり12
設定差ある初期配当10Gも引けてたのでさすが6って感じです。(なんて幸せな設定判別)

また近いうちにリベンジしたいですね。

最後に

最近は凱旋ばっかり打ってたので低純増A+ARTは速度遅いなって思ってしまったけど、チョコチョコ乗せてロング継続を目指せるゲーム性はやっぱり面白い。

A+ARTで育った自分にはとても合ってる機種だなと思いました。
版権も好きだし飽きないしね。
アニメ2期のOP/EDも好きだから是非続編を作ってもらいたいですね!

 

ハルヒ愛してるぞ!!

終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です